北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

米 中国の12の銀行制裁か

ニュース2017-09-14
米 中国の12の銀行制裁か

アメリカが、核やミサイルの挑発を続ける北韓に対する独自制裁として、中国の大手銀行への直接制裁を進めています。
下院外交委員会は現地時間の13日、資産規模が世界でもっとも大きい中国工商銀行をはじめ、中国の大手銀行を含む12行に対して、北韓と取引したとして、アメリカ政府に制裁を要請しました。
アメリカ政府と議会は、これまでの北韓への独自制裁を含むすべての制裁が事実上失敗したとみて、北韓を交渉のテーブルにつかせるのに成功した2005年の制裁方式を再び検討しているもようです。
アメリカは2005年、北韓の資金洗浄に関与したとしてマカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア」のアメリカの金融機関との取引を禁止し、北韓関連の口座を凍結しました。当時、アメリカ財務省の調査対象になることを避けようと、北韓と取引をしていたほとんどの国や企業が、取引を停止しました。
今回、下院が制裁を求めた中国の銀行のほとんどは、「バンコ・デルタ・アジア」よりはるかに規模の大きい銀行で、制裁が行われる場合、中国国内の金融に大きな混乱が生じることが予想されるほか、アメリカと中国の間での金融・貿易争いにつながると懸念されています。
こうしたなか、11月10日にベトナムで開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議に合わせて、トランプ大統領の韓日中3か国歴訪が進められていて、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が、北京で北韓問題をめぐって話し合うことが予想されます。

新着ニュース