朴柱宣議員に懲役2年

入力 : 2012-06-28 12:57:23 修正 : 2012-06-28 12:57:23

4月に行われた総選挙で公職選挙法に違反した罪で起訴された無所属の朴柱宣(パク・ジュソン)議員(63)が、1審で当選無効に相当する懲役2年を言い渡されました。
朴柱宣議員は、4月に行われた総選挙で光州(クァンジュ)東区(トング)から立候補して当選しましたが、総選挙当時、所属していた民主統合党が党公認候補者を選出する際、光州東区の劉泰明(ユ・テミョン)区庁長と共謀して有権者によるモバイル投票に参加する選挙人団を私的に募集するよう指示するなど、公職選挙法に違反した罪で起訴されていました。
その過程で、劉泰明(ユ・テミョン)庁長は、地元の女性の会のメンバー14人に合わせて140万ウォン相当の商品券を提供した疑いが持たれています。
光州地方検察庁は、朴柱宣議員に対して懲役1年、劉泰明庁長に対しては懲役2年をそれぞれ求刑しましたが、光州地方裁判所は27日、朴柱宣議員に対しては求刑より重い懲役2年を、劉泰明庁長には求刑通り懲役2年を言い渡しました。
公職選挙法では、罰金100万ウォン以上の刑が最高裁判所で確定すれば、当選は無効になります。
裁判所は、劉泰明庁長を拘束し、朴柱宣議員に対しては逮捕同意書を国会に提出しました。第19代国会議員では現在、全体の3分の1に相当するおよそ100人が公職選挙法違反などで立件されていますが、公職選挙法の時効が終わる10月11日までまだ4か月以上残っていることから、立件される議員の数は今後さらに増えるものとみられます。
第18代国会では、時効満了まで192人が立件されており、このうち48人が裁判にかけられ、結局15人が公職選挙法違反で議員職を失いました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>