セヌリ党の公認 はずされた李大統領派が反発

入力 : 2012-03-07 09:15:12 修正 : 2012-03-07 09:20:46

セヌリ党の公認 はずされた李大統領派が反発

与党セヌリ党が地域別に数回にわたって発表している4月の総選挙の公認候補名簿から李明博(イ・ミョンバク)大統領に近い人物がほとんど外されていることから、公認されなかった議員らからの反発が強まっています。
金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の次男金賢哲(キム・ヒョンチョル)氏は、5日に発表された公認候補名簿に自分の名前が載っていないことに反発して6日、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・グンヘ)非常対策委員長を強く批判し、離党を宣言しました。金賢哲氏は2回の実刑判決を受けたことを理由に、父親が出ていた慶尚南道巨済市選挙区からの出馬をこれで3回拒否されており、セヌリ党の公認候補から外されたほかの人物らと連帯して無所属で立候補する可能性があるものとみられています。
またチン・スヒ議員は、野党との接戦が見込まれる選挙区で与党セヌリ党が勝つために、党内選挙によらずに党指導部が候補者を指名することにした「戦略推薦選挙区」に、自分の選挙区のソウル城東(ソンドン)区が指定されたことについて激しく反発しています。
すでに名簿が発表された選挙区で、公認から外された議員16人のうち13人は李明博大統領に近い議員で、戦略推薦選挙区として指定された13選挙区のうち、現役議員がいる11選挙区の半数にあたる5つの選挙区が李明博大統領に近い議員の選挙区です。
セヌリ党指導部は世論調査の結果にもとづいて公認候補を選んだとしているため公認から外された議員らは世論調査の結果を公開するよう求めていますが、セヌリ党の権寧世(クォン・ヨンセ)事務総長は、公開できないとする姿勢を崩さないでいます。
このため今後、公認から外された議員のうち李明博大統領に近い議員の離党が相次ぎ、セヌリ党が大きく分裂するのではないかと懸念する声も上がっています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>