民主統合党の公認候補者選び  光州・全羅道で違反相次ぐ

入力 : 2012-02-28 09:27:32 修正 : 2012-02-28 09:32:05

民主統合党の公認候補者選び  光州・全羅道で違反相次ぐ

4月の総選挙を控えて、野党民主統合党は「候補者公認作業の革新をはかる」として候補者選びを国民参加のモバイル投票にすると意気込んでいますが、光州市や全羅道では、モバイル投票の参加者を募集する際に違反行為が見つかり問題点が浮かびあがっています。
野党民主統合党の票田とされている光州(クァンジュ)市では26日、党公認の候補者選びに参加する有権者を募集していた60代の退職公務員が飛び降り自殺をしました。
この退職公務員は、投票参加者の登録を勝手に行った疑いが出て選挙管理委員会の調べを受けていたところ、5階建てビルの屋上から飛び降りたということです。
このため民主統合党は、事件が発生した光州市東(トン)区の公認候補審査を中止し、真相の究明に乗り出しました。
これに先立って全羅南(チョンラナム)道長城(チャンソン)郡でも、党員が事務所を設けアルバイトを雇って投票参加者を代理登録していたことがわかりました。
これについて民主統合党の関係者は、「光州市や全羅南道のほとんどの選挙区で今回の総選挙から新人の候補者に入れ替えたいとする党内世論が高まっており、現職議員は公認候補選びで落ちるかも知れないという危機感を抱いている。このためカネで投票参加者を集め登録させようとする動きが出ている」と話しています。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>