「ソウル市長選に出ない」 保守系無所属候補が表明

入力 : 2011-09-28 15:07:48 修正 : 2011-09-28 15:07:48

「ソウル市長選に出ない」 保守系無所属候補が表明

10月26日に行われるソウル市長補欠選挙に向けて、無所属で立候補する意思を表明していた、保守陣営の候補、イ・ソッヨン弁護士が、事実上、立候補しない方針を明らかにしました。
イ・ソッヨン弁護士は28日、KBSラジオとの電話インタビューで、「支持率の低さと、無償給食をめぐって、支持者たちとの見解の違いがあり、ソウル市長選に出馬しないことを決めた。近いうちに立場を表明する」と述べました。
イ・ソッヨン氏は、保守陣営の市民団体の支持を得て、ソウル市長選に立候補を表明し、最終的には与党ハンナラ党の公認候補、羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)最高委員との間で、保守陣営の候補一本化をはかることにしていました。
しかし世論調査で、ハンナラ党の羅卿瑗氏や、進歩陣営からの無所属候補 朴元淳(パク・ウォンスン)弁護士、また野党民主党公認の 朴映宣(パク・ヨンソン)氏いずれとの対決でも、大差で遅れをとっています。
これで、保守陣営の候補は、与党ハンナラ党公認の羅卿瑗氏一人に絞られ、ソウル市長選は、今のところ、羅卿瑗氏と、野党民主党の朴映宣氏、そして進歩陣営の無所属候補朴元淳氏の三つ巴の戦いになりました。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
KBS World Radio Mobile
  • KBS World Radio Mobile
  • 11の言語によるニュースや放送番組のコンテンツのほか、これまで別途提供していたサービス(ストリーミング放送、ポットキャスト、韓国語を学ぼう...

<

1 / 4

>