ソウル市長選挙 民主党公認候補に朴映宣議員 

入力 : 2011-09-26 10:58:50 修正 : 2011-09-26 16:01:12

ソウル市長選挙 民主党公認候補に朴映宣議員 

来月26日に実施されるソウル市長補欠選挙に最大野党民主党の公認候補として、女性議員の朴映宣(パク・ヨンソン)氏が選ばれました。
民主党は25日、ソウルのチャムシル室内体育館で、ソウル市長補欠選挙に候補として名乗りをあげた4人による党内選挙を行いました。
選挙は、この日体育館に集まった党員による直接投票と、先週23日と24日に行った世論調査の結果を50%反映する形で行われ、朴映宣候補が38.3%の得票率でトップとなりました。
朴映宣議員は、今年51歳、民放MBCの記者出身で、ソウル九老乙区選出の当選2回、2004年に当時の「開かれたウリ党」の国会議員として政界入りし、国会韓日議員連盟の社会文化分科の副委員長を務めています。
野党勢力は、今回のソウル市長選挙で勝利するため進歩陣営の支持票を分散させないよう候補一本化をはかることにしており、来月3日、ソウルのチャンチュン体育館で、最大野党民主党の朴映宣議員(51)、無所属の朴元淳弁護士(55)、民主労働党のチェ・ギュヨブ議員(58)の3人の中から野党統合候補を選ぶ選挙を実施します。
選挙は、野党陣営が一体となって行い、世論調査、テレビ討論評価、市民が参加する投票の3つの結果によって統合候補が決まります。 

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
RSS 配信
  • RSS 配信
  • RSSリーダーやRSS対応ブラウザを使うことで、最新ニュースの更新情報を素早くチェックできます。

<

3 / 4

>