民主党が新院内代表を選出 首都圏選出の2選議員

入力 : 2011-05-13 14:39:17 修正 : 2011-05-13 15:49:01

民主党が新院内代表を選出 首都圏選出の2選議員

第1野党民主党は13日、党内選挙を行い、新しい院内代表を選出しました。
新しい院内代表には首都圏の水原が選挙区で2選の金振杓議員(64)が選ばれました。
この日の選挙で、金振杓議員は3人で争われた1回目の投票で得票1位となりましたが、規定の過半数に及ばず、2回目の投票が行われました。
そして、2回目の投票で、金振杓議員は36票を得票、35票を得票した康奉均議員を1票差で破り当選しました。
金振杓議員はソウル大学法学部を卒業した官僚出身で、金大中、盧武鉉政権で財政経済部次官、大統領府政策企画首席秘書官、副総理兼財政経済部長官を務めました。
2004年に水原の選挙区から国会入りした中道改革路線の議員です。
この日の選挙は、1次投票では在籍議員87人のうち83人が、2次投票では82人が投票しました。
金振杓議員は当選のあいさつで、「どんなことがあっても来年の総選挙で勝利しなければならない。そのために首都圏でハンナラ党の議席を奪うために力を尽くしたい。庶民と中産層のための政党として党のイメージを確立し、ハンナラ党との差別化を図っていきたい」と述べました。
これで民主党は、党の代表と院内代表のいずれにも、党が一番の地盤とする全羅道の出身ではなく、首都圏出身が就くことになりました。
このように民主党が「首都圏指導部」を選択した背景には、来年春の総選挙で、全羅道党というイメージを払拭し、全国政党のイメージを打ち出すことで、来年暮れの大統領選挙を勝利に導くという思惑もあると見られます。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
2018 南北首脳会談
北韓インサイド
청취자 만족도 조사 결과 -J
韓国語を学ぼう (Mobile)
その他
ポッドキャスト
  • ポッドキャスト
  • KBS WORLD Radioの番組をMP3ファイルでダウンロードし、いつどこででも聴くことができます

<

4 / 4

>