IOC会長 「北韓、平昌五輪の脅威にはならない」

入力 : 2017-09-13 11:06:38 修正 : 2017-09-13 11:14:19

IOC会長 「北韓、平昌五輪の脅威にはならない」

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、来年2月に開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック大会について「北韓問題が大会の脅威にはならない」と述べました。
バッハ会長は12日、ペルーのリマで開かれた IOC総会に出席し、国連安全保障理事会が北韓に対する新たな制裁決議が採択された直後に記者会見を行いました。
会見でバッハ会長は、北韓の核・ミサイル開発によって韓半島で緊張が高まっている状況について触れ、「北韓問題がオリンピック大会に脅威になるとは思わない」とした上で、韓半島の危機が平和的な方法でうまく解決されることを望むと述べました。
また、北韓選手団の平昌オリンピック参加について「北韓の選手に対しても門は開かれている。引き続き連絡をとっていく」と述べ、今後も北韓選手団の参加に努力を傾けていく考えを示しました。
韓国政府とIOCは、北韓選手団の平昌冬季オリンピックへの参加を呼びかけていますが、いまのところ、北韓は反応を示していません。

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • 印刷
  • 一覧
  • Top
prev  prev  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next
Internet Radio On-Air Window to KBS WORLD Radio Window to KOREA
韓国語を学ぼう (Mobile)
北韓インサイド
その他
KBS World Radio On-Air
  • KBS World Radio On-Air
  • 11の言語による放送番組をモバイルで聴取できるストリーミング専用のアプリです

<

2 / 4

>